ふたりハンコウキ

第一次反抗期の園児弟と第二次反抗期の高校生兄の母が書いています

朝は忙しいので怒るのも大変なんだ

園児弟のぽよちは、イヤイヤ期真っ只中なので箸が転がっても気に入らなかったら「イヤー!!」って言います。今日も祖母に水筒の蓋が…蓋がなんかこう…と説明しているときにパカリと開けられたので「じぶんでするのに!」と舌っ足らずに怒っていました。

「まあ…ご飯食べなさいよ…おがんばりなさい…」と食べさせていたのですが、私が身支度に席を立ったら怒りのボルテージが上がったのかお皿をひっくり返したそうで、怒った夫が「コラー!」とうっかり大声を出してしまって怯えて泣きました。

「…大声は出すなと言っている…やめようか…」と夫に静かに怒ったのですが、悲しみと怒りに苛まれたぽよちは泣きながら怒って「抱っこ!抱っこ!イヤアア」と言い続けて話もしづらく時間もないという難しい感じになってしまいました。アーッ!モウ!ムズカシイ!大声で怒ると子供は怯えて泣くだけなので意味がなくむしろ害があると夫に伝えて、これからはやめようね、とお話しました。お話しました。ええいめんどくさい。

その後、息子には静かな座敷で気持ちを切り替えさせて落ち着かせて、その後「ちゃんと謝ろう!なげちゃだめだ~」とお話して、機嫌を取るためにお気に入りのシールを渡して保育園に行きました。

朝にしつけは無理だ…。とはいえ、なにかした場合はすぐその場で言うようにしたほうがいいのはいいし、ムズカシイなあ、と思いました。うおお…。

反抗期の高校生を放置するとファミリーリンクで管理するしかなくなる

スマホとパソコンとPS4に明け暮れる高校生兄を放置していたらどうなると思いますか?定期考査の数学Aで11点を叩き出して

兄「おれはテストになると急に解らなくなるんだ、いつもはこの程度の問題できる…いやできない…かな?」

私「どっちだよ!!!!できてないよ!」

とか

兄「勉強してるってば!してるって!一週間に…一回40分はした!」

私「すくねえええええ」

とか

兄「予習?教科書読んだよ~!」

私「それ予習じゃないから!チラ見だよ!」

とか

兄「スマホ三時間は譲れない…パソコンもPS4もしたいし」

私「お前は一体一日何時間の国にいるんだ!?べんきょうしろ!」

という具合で迷文句が飛び出しまくり、よく分からない言い訳をしていました。おまえ…。最近は本人が自分のしたいようにする…と宣言したのでそっとしていたのですが、これはひどい

さすがにもう少し勉強するように、しばらくはパソコンとゲームは禁止、スマホは使用時間をGoogleファミリーリンクアプリにて管理するということになりました。本人も納得していました。ジリジリとあかん…と思ってはいたみたいです。

Googleファミリーリンクというスマホのアプリは、保護者が子供のスマホを管理するためのアプリです。スマホだけでなく家のタブレトやパソコンなども管理できます。

使用時間の上限、アプリのインストールの許可、使用時間帯の設定など、スマホが生活の妨げにならないように設定できます。加えて、GPSなどで所在もわかるので便利です。プライバシーのことなどもあるのであまりガチガチに縛るのはなあ…と思いますが、子供の生活上必要なことだろうなーと思いました。

本来は、高校生になった時に、スマホやパソコンを付き合っていく自己管理の練習としてどう生活するか考えて実践してほしかった、ほしい、のですがなかなか難しいんだな…と思いました。でもこれで大学生になって一人暮らしを初めて目も当てられないことになったらどうしたらいいんだ…恐ろしい…。

なやましいことです。

園児の弟の方はyoutubeで色々と見たがるのでそれはそれで難しいです。ある程度にしましょうね!!として制限していますが、見たがる…。

手足口病にかかった高校生兄と何故か平気だった園児

今年流行っている手足口病に高校生の兄、ぷくおがかかりました。

ある日突然「喉が痛いよ!熱もある!何も食べられない!」と言い出しました。食い意地がハリハリで体重が心配なぷくおが、うどんもお粥も食べようとしなくなりました。

なんて言うことだ天変地異か!?こんなことは十年ぶりだ!まずいのでは…!?と病院に連れて行ったら、かかりつけの先生に

「典型的な手足口病だね!」

「エッ大人もかかるんですか?」

「ま~かかるよ!治療法はないから対処療法だよ!」

「ハイ」

多分、保育園に行っている弟ぽよちが貰ってきたのかなあ…。園の先生に聞くと、園で流行ってますーと言っておられました。ぽよちは全然平気そうだけど。

「おにいちゃん痛いー?」と不思議そうなぽよちでした。かわいい。やさしい。

 

ぷくおが「手も足もブツブツして痛い…夜中におかん呼んでも来てくれない…」とブツブツ言うけどお母さんは一階でぷよちと寝てるんだから呼んでも行けるわけないよ…。

「貴様…部屋がむちゃくちゃ汚いから免疫力が落ちているのではないか!?掃除だ!」

と手伝って掃除しましたが高校生の部屋すごく汚かったです。物が多すぎな上にゴミ箱が機能していないのが良くなかったので一緒に掃除と片付けスキルをあげていってもらおう。

 

ぷくおはお年頃なので部屋に入るとすごく怒るのですが、掃除と片づけはできるようになってほしい。高校生なんだからもうすぐ一人暮らしになるのかもしれないし、一緒に居れるのもあと数年なのかもしれないので。そう思うと子供ってあっという間に一緒に居れなくなるのですね。

 

弟のちいさいぽよちを見ていると、不意に小さかった頃の兄ぷくおの笑顔を思い出してああ可愛かったな、たくさんたくさん思い出をくれていたんだなあと思います。

 

でも掃除はしてくれ…!

健康的なものを子供は喜んで食べない

絶賛イヤイヤ期のぽよたろう(弟)ですが、もう本人もよくわからないまま「イヤ!」と言いまくり「バイバイ!ママバイバイ!」あっちいけー!を言うようになって大人はげっそりしています。アクマかな?かわいいけど…かわいいけど…!何が彼をこうさせるのだろうか…。

今日も朝から「ご飯食べようね」と言っただけで「イヤ!」「ママキライ!バイバイ!」を連呼するので、しょんぼりしていました。

 

また、私が作った健康的な感じのご飯は気に入らないことが多いらしく

「ゴチソウサマ!ゴチソウサマ!イヤー!」

って言って逃げていったりします。そのあとにおばあちゃんが買ってきたお寿司とかパンを喜んで食べるのでときどき遠い目になってしまいます。ってこんなに小さい頃ってめんどくさかったっけ!?ぷくお(高校生兄)に

私が「君はこんなにめんどくさかったっけ?」と聞くと

ぷくお「そんなん覚えてない」

私「勝手に私のかばん漁って勝手にアリガトーって言いながら私のジュース飲んでたよ」

ぷくお「礼儀正しい」

私「正しくないよね!?」

ぷくお「おっぽよたろうもかばん漁ってるぞ」

私「やめろぉー」

何でも食べてほしいです。ぷくお(兄)は肉ばっかり食べたがる…。

おお ぷくお てすとけっかが これとは なさけない

ぷくお(高校生兄)の中間考査が平均から大幅に下の方でした。パソコンゲームスマホゲームに明け暮れて予習もしてなくて授業でお地蔵さんのごとく座っておったらそうなるわい!と思いました…が、コーチング!ペアレントレーニングだ!と考えながら、本人と話しました。

そもそも、本人が自分の点数や勉強量、勉強のやり方が間違っていたことがよく解っているので、事実を確認するのと(本人の言葉を繰り返して言う等)本人の話を傾聴するようにしました。予習や家庭学習の時間も促したり、相談には乗りましたが、本人が決めてメモしました。本人が決めるのが肝心なのだ…!親が勝手にルールを決めると、だいたい子供は時間なんて守りませんね…。ゲームの時間とかもそうだなーと思います。もちろん自分で決めても守らないことは多々あるけど!

パソコンの使用はしばらく禁止になりました。かわいそうだけど本人も納得済み。がんばれぷくお。

期末で取り返さないと補習と追試だ。ぷくおはやれば出来るけどやらないと全然わからなくなるタイプなんだろうな、と思います。

そしてぽよち(弟)はお目目が腫れた。急いで病院に行きました。もうほんとに君たちは忙しいな!もう!

子供のことで謝り謝られ循環

先日、ぽよたろう(弟)がお迎えのときに、園で年上のお兄ちゃんに突き飛ばされてしまい、泣かされてしまいました。

たまたまその時にお兄ちゃんのお母さんも先生も私もいました。お母さんは平謝りなさって

「何してるの!だめでしょ!!」

「年下の子に乱暴はだめです」

と怒られてでお兄ちゃんは固まってしまっていました。

ぷくお(兄)のときはひたすら謝る側だったなあ…と感慨深く思い出しながら

「びっくりしたんだよね、お兄ちゃんも何か思ってることがあるみたいだったので、お話聞いてあげてあまり怒らないであげてくださいね」

とぽよたろうをだっこしてケアをしながら言ったらお母さんが涙ぐんでしまわれて驚きました。そうだな…兄の時もよく謝りに行ったな…と思い出しました。

悪質ではない場合はみんなだいたい

「よくあることなのでお互い様なのであまり気にしないでくださいね」

「申し訳ありません、よく言って聞かせます、ありがとうございます」

を立場を入れ替えて謝ったり謝られたりしていた気がします。こういう小競り合いを経て大きくなっていくんだろうな、と思います。少ないに越したことはないけど、ぽよたろうもそういうふうに大きくなっていくのかな、と思っています。

と大きくなって落ち着いたはずのぷくお兄の学校に行って面談することが起きたのでげっそりしています。大事ではないのですが早めに先生とお話しておいたほうがいいということでしょう…難しいボーイだな君は!がんばろう…。

大きく育ったけどまだ育てろと言うのですか息子よ!

高校生兄ぷくお、パソコンとゲームが好きです。何も言わないと二階の部屋にこもりっきりで出てきません。

 

ボイスチャットでゲームしたりひたすらゲームをしています。受験期の反動だと思うのですが、さすがにこれはまずい…と思って、予習復習はしているの?と聞いたら元気良く「してるよ!」と答えたので安心していました。

定期考査の前になってきたので勉強のことを聞いたら

ぷくお「授業は良く解らない…英語は単語が意味がわからないままなのに授業が進む…不親切だー予習は教科書読んでた。」

私「!?単語も調べないで授業中わからないままって予習したって言わなくない!?」

ぷくお「うるせー!やり方教えてくれなかったからだよ!」

私「なんですと!?教えたよ!ちゃんと聞いてないしメモも取らないからだ!」

ぷくお「記憶になーい!何年オレを育ててるの!?いい加減オレのこと解れよ!ちゃんと教えろ!」

 

どういうことなの…!?途中からギャーギャー言い合う感じになったのでもうやめよう…となりぷくおは塾に行ってその日はウヤムヤになりました。

くそっ…コーチングの本でも読もうと思います。教え方が悪かったと言うのは一理あるかもしれない。みていろ、ぷくおよ!